G 血液

赤芽球癆の原因【ゴロ・覚え方】

Contents
  • 赤芽球癆の原因
    ・覚え方「球状赤血球が転げ落ちる」
    ・解説

赤芽球癆の原因

覚え方「球状赤血球が転げ落ちる」

赤芽球癆の原因

  • 特発性
  • パルボウイルスB19感染
  • 薬剤性(抗てんかん薬、抗不安薬)
  • 胸腺腫

出典:オリジナル

解説

赤芽球癆<pure red cell aplasia;PRCA>は、赤芽球系前駆細胞の減少を特徴とする難治性の貧血です。血液検査では赤血球・網赤血球の著減(白血球・血小板は正常)、骨髄検査では赤芽球の著減(前巨大赤芽球の出現)を認めます。

赤芽球癆には、先天性と後天性があり、後者の原因として

  • 特発性
  • パルボウイルスB19感染
  • 薬剤性(抗てんかん薬、抗不安薬)
  • 胸腺腫

などがあります。

特に、遺伝性球状赤血球症<HS>の背景がある患者に、パルボウイルスB19が感染したケースで好発することから、上のようなイラストで覚えておくと良いですよ!

HS + パルボB19 → 赤芽球癆

また、赤芽球癆の原因に胸腺腫があり、重症筋無力症<MG>を合併しやすいことも、重力(mg)と関連付けて覚えましょう。

治療は、

  • 特発性→免疫抑制剤
  • 感染症→γグロブリン静注
  • 薬剤性→薬剤の中止
  • 胸腺腫→胸腺摘出

です。また、対処療法的に輸血やEPO製剤の投与も有効です。

ちなみに、先天性赤芽球癆はDiamond-Blackfan貧血と呼ばれ、ほとんどが乳幼児期に発症し、奇形や悪性腫瘍を高率に合併します。

なまっぺ

赤芽球癆を見たら、パルボウイルスB19感染の有無、薬歴、胸腺腫をチェック!原因に応じた治療を行うよ!

応援よろしくお願いします☆