G 血液

小球性貧血の鑑別【ゴロ・覚え方】

Contents
  • 貧血とは
  • 小球性貧血
    ・ゴロ「小学生の手手さらえ」
  • 小球性貧血の鑑別
    ・鉄欠乏性貧血
    ・鉄芽急性貧血
    ・サラセミア
    ・ACD
  • まとめ

貧血とは

血中ヘモグロビン(Hb)濃度が減少している状態のことをいい、男性ではHb濃度13.0 g/dL未満、女性では12.0 g/dL未満、高齢者では11.0g/dL未満の状態と定義されます。

症状として、眼瞼結膜や皮膚の蒼白、めまい、動悸、息切れなどがあります。

貧血をみたら病型診断を行いますが、これには、赤血球形態(小球性、正球性、大球性)によるアプローチが重要です。

赤血球形態の評価には、MCV(平均赤血球容積)が用いられます。MCVは、赤血球1個あたりの大きさのことで、

MCV=Ht/赤血球数(正確には、(Ht/赤血球数(万))x1000)

で算出され、MCV<80を小球性、80~100を正球性、100<MCVを大球性と定義します。

今回は、ゴロを使いながら、小球性貧血について完璧にしちゃいましょ〜!

なまっぺ

貧血って馴染みがある疾患なだけに、病型診断が重要だよ〜。

小球性貧血

ゴロ「小学生の手手さらえ」

小学生:小球性貧血
手  :欠乏性貧血
手  :芽球性貧血
さら :サラセミア
え  :慢性症に伴う貧血<ACD>

出典:オリジナル

なまっぺ

MCV<80となったときはこの4つをパッと想起できるようにね〜。

1 2 3 4
応援よろしくお願いします☆