O 小児科

【爽快!スッキリ!】予防接種の覚え方

今回は予防接種についてです!予防接種は、感染症、公衆衛生、小児科、老年医学など色々なところで出てくるので、一度きっちりまとめておきましょう💡

なまっぺ

「定期 vs 任意」「0歳 vs 1歳」「生 vs 不活化」「皮下注 vs 経口」など、多角的にまとめていくよ〜!

Contents
  • 予防接種の分類
  • 0歳から行う定期接種
    ゴロ「ヒーハー!ベロ死!」
    解説
  • 生ワクチン
    ゴロ「空気感染する3つ+黄風ロム」
    解説
  • 投与方法
  • まとめ

予防摂取の分類

予防接種は、

  • 定期接種
  • 任意接種
  • 臨時接種

の3つに大別されます。さらに定期接種には、集団予防を目的としたA類疾病個人予防を目的としたB類疾病があります。

A類疾病には14疾患、B類疾病には2疾患(インフルエンザ、肺炎球菌)あります。A類疾病は数が多いため、2疾患しかないB類疾病を覚えましょう!高齢者にとって、インフルエンザや誤嚥性肺炎は致死的です。そのため、高齢者を対象に、個人予防を目的としたインフルエンザと肺炎球菌の定期接種がなされています。

実施主体は各々異なり、定期接種市区町村、任意接種は希望者のみ、臨時接種都道府県です。

また、厚労大臣によって予防接種による健康被害が認定された場合に、救済制度が受けられることになりますが、救済制度の管轄は、定期接種市区町村任意接種PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)、臨時接種都道府県です。

なお、任意接種と同様に、定期接種臨時接種義務ではありません定期接種(A類疾病)および臨時接種(の一部)勧奨接種であり努力義務に留まります。

対象の感染症管轄
定期接種A類疾病(Hib、肺炎球菌、B肝、ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ、結核、麻疹、風疹、水痘、日本脳炎、HPV、ロタ)
B類疾病インフルエンザ、肺炎球菌
市区町村
任意接種インフルエンザ、ムンプス(流行性耳下腺炎)、A肝、髄膜炎菌PMDA
臨時接種新型インフルエンザなど都道府県

なまっぺ

予防接種は定期任意臨時に大別されること、このうち定期A類疾病B類疾病に細分されること、救済は市区町村PMDA都道府県によって行われることをおさえよう!

ロタウイルスワクチンは以前は任意接種でしたが、2020年10月1日より定期接種に格上げとなりました。対象は2020年8月生まれ以降の乳児です。

0歳から行う定期接種

ゴロ「ヒーハー!ベロ死!」

ー :Hib
ー!:炎球菌
  :B肝、BCG
  :
! :種混合(DPT-IPV)

出典:オリジナル

解説

予防接種は、推奨の接種時期が決まっています。

詳しくは日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールをご参照下さい。

全部覚えるのはまず無理なので、0歳から接種するか、1歳から接種するかの観点で整理しておくと良いですよ!

特に、0歳から接種を開始する定期接種は過去に何度か出題されているので、”ヒーハー!ベロ死!”で覚えておきましょう!

その他、予防接種各種の標準接種時期を下表にまとめておきます。

定期接種のタイミング

定期接種標準時期(m;month)
Hib2m、3m、4m、1歳
肺炎球菌2m、3m、4m、1歳
B肝2m、3m、8m
四種混合(DPT-IPV)3m、4m、5m、1歳
BCG5~8m
ロタ0歳の間に2~3回
MR1歳、6歳
水痘1歳の間に2回
日本脳炎3歳、9歳
HPV小6から高1(女子のみ)

四種混合(DPT-IPV);

Diphtheria(ジフテリア)
Pertusis(百日咳)
Tetanus(破傷風)
Inactivated polio vaccine(不活化ポリオ)

任意接種のタイミング

任意接種標準時期
インフルエンザ0歳から接種可(2回)
ムンプス1歳
A肝1歳から接種可
髄膜炎菌2歳から接種可
1 2
応援よろしくお願いします☆